• 文字サイズ変更
  • 文字拡大
  • 文字サイズを戻す
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 組織別情報 > 交通基盤部 > 御前崎港管理事務所 > 港の見学 > 社会の時間

ここから本文です。

更新日:平成25年5月20日

静岡県御前崎港管理事務所

社会の時間

1時間目

御前崎港は、日本の主要都市である東京・大阪の中間にあるからとっても便利。
駿河湾の玄関口で、周辺には富士山静岡空港、東名高速道路や新東名高速道路があって、国内外を結ぶ国際貿易港としてとっても便利な位置にあるんだよ。

   御前崎港では、自動車の輸出が行われているよ。
ドイツ、ベルギー、イタリアなどのヨーロッパやアメリカ、カナダなどの北米に輸出しているんだ。
それから、コンテナという鉄製の箱にいろんなものを詰めて外国へ輸出したり、外国から輸入したりしているよ。
シンガポールやインドネシアなどの東南アジア、中国や韓国との間で定期的に船が行き来しているんだ。

  
平成24年輸出入円グラフ
平成24年自動車の輸出先 平成24年コンテナの輸出先 平成24年コンテナの輸入先
平成24年自動車の輸出先円グラフ 平成24年コンテナの輸出先円グラフ 平成24年コンテナの輸入先円グラフ

2時間目

 

コンテナは、鉄でできた箱で中にはいろんな貨物が入れられるようになっているよ。
大きさは国際的に決められていて、幅が2.4メートル高さが2.6メートルで長さが6.1メートルと12.2メートルの2種類があるんだ。
重さは重いもので長さが6.1メートルで約20トン、長さが12.2メートルで約30トンになるよ。

コンテナが発明されるまでは、いろいろな貨物を船に積み込んだり、船から下ろしたりするのにとても時間がかかっていたんだ。
貨物の大きさや重さはいろいろで、そのまま船に積むときれいに積み込めなかったり、船の底の方に積んだ貨物はつぶれちゃったりしていたんだ。

そこで国際的に決められた大きさの鉄製の箱に貨物を入れて運ぶようになったんだ。
鉄製の箱は頑丈だから船の底に積んだ貨物もつぶれなくなったし、大きさも決められているから船にきれいに積み込めるようになったんだよ。
コンテナを船に積み下ろしするクレーンも貨物の大きさがはじめからわかっているから、専用のガントリークレーンがあれば簡単に積み下ろしできるようになったんだ。
陸に下ろしてからもコンテナをそのままトレーラーに積んで運べるから物を運ぶのにとっても便利になったんだ。

 

  
コンテナ ガントリークレーン トレーラー
コンテナ ガントリークレーン トレーラー

3時間目

貨物は種類によって運ぶ船も分かれているよ。
自動車は、専用の自動車運搬船が、コンテナも専用のコンテナ船という船で運ぶんだ。
それぞれ決まった貨物専用に作られた船になっているよ。
そのほか、コンテナに入らない貨物を運ぶ船はバラ貨物船と呼ばれているよ。

自動車運搬船の中は自動車をたくさん積み込むために何層にも分かれた立体駐車場みたいなつくりになっているよ。
コンテナ船はコンテナを上から積みやすいように船のほとんどに屋根がないか、取外しのできる蓋がついているんだ。

 

  
自動車運搬船 コンテナ船 バラ貨物船
自動車運搬船 コンテナ船 バラ貨物船

4時間目

御前崎港では、他にもいろいろな船や貨物の積み下ろしに使ういろいろなクレーンが見られるよ。

 
いろいろな船
タグボート 巡視船
タグボート 巡視船
      
いろいろなクレーン
トランスファークレーン ジブクレーン
トランスファークレーン ジブクレーン